管理者等研修について(報告)

標記にございます研修を行いましたので、報告いたします。

茨城県看護協会では、看護管理者及び人事管理者等に対し、先行事例を活用した研修を行っております。管理能力向上と看護職員の労務管理・職場環境改善を実施し、看護職員の人材確保や定着促進を図り看護職の「雇用の質」を向上することによる看護業務の効率化、看護職員の労働環境改善及び看護サービスの質向上を目的としています。

№205 看護補助者活用の好事例

日時:平成30年4月25日(水)

13:30から16:00

参加者数:115名

会場:看護研修センター大研修室 水戸市緑町3-5-35

内容:

事例報告1

「看護補助者不足を補う取り込み-フリーエイジングの導入と活用-」

 

守谷慶友病院 看護部長 増田 由紀子 氏

 

 

事例報告2

「看護補助者のキャリアアップ支援に向けて-看護職員の一員であるために-」

 

龍ヶ崎済生会病院 看護師長 鈴木 久子 氏

 

 

講  演 「看護補助業務従事者に期待すること」

 

公益社団法人 茨城県看護協会

専務理事白川 洋子 氏

 

 

交流会 「情報交換会」

【参加者からの声】

○他施設との情報交換は有意義で学びになった。

○看護補助者の声が直接聞けてともて参考になった。様々な教育方法もきけて良かった。

○現場では、補助者はまだまだ注目されていないと感じる。意欲がでるような評価を実施していかないと離職に繋がってしまうという不安もある

 

№207 看護補助者の活用推進のための研修

日時:

①平成30年6月21日(木)10:00~16:05

②平成30年6月26日(火)10:00~16:05

 

参加者数:

①67名 ②100名  合計167名

 

会場:

①亀城プラザ 土浦市中央2-16-4

②茨城県トラック総合会館研修室 水戸市見川町2440-1

 

内容:

「看護補助者の活用推進のための看護管理者研修会」

 

〈DVD視聴による講演〉看護補助者の活用に関する制度の理解等について

 

〈演習〉看護補助者体制整備に関する課題に対す対策案の作成

 

【参加者からの声】

○福井さん、坂本すがさんのDVD講義をまた見たい

○管理者研修のため、GWも活発で有意義な時間だった。自身にたりないものが見えた

○事前にテキストを勉強し、そのうえで研修参加できたのでわかりやすかった

○病院で体制整備が必要であったが、改善、育成に向けて取り組みの方向性が明確になった